脱毛のタイミングは毛の周期で判断しよう


体の毛は肌の表面に出ているのは全体の約3分の1で残りの毛は毛穴の中で生え変わりを待っています。
早い人で2か月、遅い人は3か月が生え変わりのサイクルとなっています。
脱毛は毛のメラニンに反応する光やレーザーを使用して毛根にダメージを与えて生えにくくする方法のため、照射時に表面に生えてる毛にしか効果が及ばず、休止期の毛にはダメージを与えることができません。
脱毛をしたのに毛が生えてきた、というのは効果が及ばなかったのではなく別の毛穴から生えてきた毛です。
そのため脱毛の施術を受けるタイミングは毛の生え変わる毛周期に合わせて照射を行い、すべての毛根に効果が及ぶようにする必要があります。
表面に出ている毛に効率よく光を照射するためには、メラニンを含んだしっかりと成長している毛が十分に生えた状態で行うことが大切になるので3か月位期間をあけて行う必要があります。
期間をあけすぎても本来照射すべき毛が抜けてしまっていることもあるため、あまり間隔をあけすぎても効果が薄れます。
2か月毎に通ってみて効果がないと感じる場合には、毛の成長を待って3か月間隔で施術してみるなどタイミングを変更してみるのも効果的に脱毛を行う方法になります。テクスチャー06

コメントは受け付けていません。